武将が愛した仏像 武田信玄 武田不動尊

    • 2018/05/13(日) 23:10:04

    常勝無敵の甲州軍団を率いた名将 武田信玄の威容をその身に宿す - 武田不動尊を完全再現





    商品コード : 560-105
    価格 : 162,000円(税込)


    疾如風(はやきことかぜのごとく)
    徐如林(しずかなることはやしのごとく)
    侵掠如火(しんりゃくすることひのごとく)
    不動如山(うごかざることやまのごとし)

    『孫子・軍争篇第七』を引用した有名な旗指物で知られた甲斐武田家第19代当主 武田晴信。39歳になる永禄2年(1559年)に出家し、法名 徳栄軒信玄を名乗ることになりました。知略の将とされる信玄は「負けない戦」を身上とし、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」、「我、人を使うにあらず。その業を使うにある」など数々の名言が残されています。家臣の声を聞き、それをまとめ上げ、皆が納得の行く決定をしたことから、信玄軍は士気も高く天下最強の呼び声をほしいままにし、織田信長をして「その強さ天下一」と言わしめました。その信玄が我が身を模して作らせた不動明王像がありました。


    仏像専門店の≪仏像ワールド≫





    スポンサーサイト

    この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事に対するコメント

    この記事にコメントする

    管理者にだけ表示を許可する